« HONG CONG 2010 | トップページ | 中野から帰還 »

2010.12.06

「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/11/post-8546.html

今日、こういうイベントがあります。私も会場まで足を運ぶ予定。
今回の改正案「とにかく通す」事を目的としているようで、条文は非常に曖昧で「非実在青少年」のような「わかりやすく問題になりそうな語句」を避けている反面、恣意的に拡大解釈されるという点では前回以上です。

いちいち「実写を除く」という断り書きが頻出しているのは、実際に青少年が被害に遭っている「実写の」性的な搾取や暴力に関しては現行法で充分に対処できる事を自覚しているという事です。
その上で「フィクションの内容そのもの」「風紀」、すなわち人間の「行為」ではなく「内心」を取り締まりたがっているのが、今回の改正案文面からは伺えます。

トップにも明記していますが、このような条例には断固として反対を表明します。

|

« HONG CONG 2010 | トップページ | 中野から帰還 »

コメント

時間が許せば、私も行きたかったです。
そんな感じだったか、よければ後から教えてくださいね。

投稿: 西谷 | 2010.12.06 07:16 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/50226245

この記事へのトラックバック一覧です: 「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」:

« HONG CONG 2010 | トップページ | 中野から帰還 »