« 正当な賛美 | トップページ | 今年の初観劇 »

2010.12.15

可決してしまった

件の東京都青少年健全育成条例改正案が、多くの署名も、陳情書も、コミック10社会の抗議表明も、全て無視する形で可決してしまいました。

ですが、今日が絶望の起点になってしまうかどうかは今後次第です。
どんな法も、体制も、永遠不変ではありません。
今回改正された条例を、より納得のいく形に再び「改正」する事も、「撤廃」する事も制度上可能なのです。
(だからこそ「異なる意見」を封殺するような言論・表現・内心の自由への侵害は、あってはならない事なのです!)

今回の改正案が適切に運用されるのか。拡大解釈されていないか。主張するような効果はあるのか。逆効果を生んでいないか。
一時の「祭」として盛り上がり、可決に打ちひしがれて無気力になるのではなく、きちんと今後も目を光らせていかなければならないでしょう。
この条例だけでなく、他のあらゆる政治的な動きについても。

とりあえず、商業活動をしているフィクション屋としては、変に萎縮したり自粛したりせず、書くべき事をきっちり書き続けるつもりです。
私が携わるライトノベルは形式は小説であっても、内容や購買層は「名指し」されているマンガやアニメに近いものですし、少なくとも私はそれを誇りに思っていますから。

|

« 正当な賛美 | トップページ | 今年の初観劇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/50308667

この記事へのトラックバック一覧です: 可決してしまった:

« 正当な賛美 | トップページ | 今年の初観劇 »