« 登場人物になってしまった | トップページ | 非実在青少年〈規制反対〉読本 »

2010.05.16

表現規制を考える集会

明日17日に豊島公会堂で都条例改正問題に関する集会が開かれます。

 『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』
 主催:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
     代表者:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)
 協賛:全国同人誌即売会連絡会
 協力:コンテンツ文化研究会
 日程:2010年5月17日(月曜日)
 場所:豊島公会堂(東京都豊島区東池袋1-19-1 池袋駅東口下車 徒歩約5分)
 時間:18時00分(開場) 18時30分(開演)※途中入退場は自由です。
 閉会:21時00分(予定)
 定員:800人
 料金:入場無料ですが、当日カンパ箱を設置しますので、ご協力いただけると幸いです。

18日には都議会総務委員会が開催され、この問題についても進展があるかと思われます。はっきりと、できる形で反対の声をアピールしていく機会は大切にしたいですね。

|

« 登場人物になってしまった | トップページ | 非実在青少年〈規制反対〉読本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/48372399

この記事へのトラックバック一覧です: 表現規制を考える集会:

« 登場人物になってしまった | トップページ | 非実在青少年〈規制反対〉読本 »