« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.16

非実在青少年〈規制反対〉読本

今月28日にサイゾーから、こういう本が発売されます。私も、ささやかながらコメントを寄せました。

過去にも有害コミック事件、悪書追放運動、そして戦前戦中の言論統制など、この手の問題は繰り返されてきました。
思うに「(自分たちにとって)良くない表現を根絶すれば、それで万事上手くいく」という考えは「お手軽ダイエット」に似ています。
「綺麗な方がいいよね」という、耳に心地よく素朴な感情に訴えるフレーズのため、一見反対しづらいものです。
しかし、複雑な人体生理のバランスを無視し、科学的な因果関係もないまま「××さえ摂らなければ大丈夫」「○○さえ飲めば痩せられる」という単純化しすぎた話を鵜呑みにすれば、確実に健康が蝕まれます。下手をすれば、ボロボロにやつれただけの結果を「痩せた」と勘違いもするでしょう。
本当にダイエットしたいなら、手を変え品を変え繰り出される「お手軽な方法」なんかには飛びつかず、面倒でも時間がかかっても、栄養バランスを考えながら余計なカロリーを控え、適度な運動をするしかないのに。
(もちろん規制反対側にとっても、「奴らが敵だ」という問題を単純化する決めつけが危険なのは同様)

「お手軽ダイエット」が実際に痩せる効果を上げたりしないように、「表現規制」もまた「人間の自由」「現実に対処する能力」「権力の間違いを指摘する権利」というような社会の健康を駄目にする事はあっても『世の中を良くする』という目的の方には無効です。
それなのに、同じ過ちが反復される点も似ています。

多分、ある病気や怪我、体調不良から回復したり、発症を食い止めても、それで死ぬまでの万全の体調が保証されないのと同じで、人間の自由を損ねるこういう「目眩」や「頭痛」とはずっと戦い続けなければならないのでしょう。
目先の、一見簡単でよく効きそうな触れ込み健康法に飛びつくのは、愚かしい事なのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

表現規制を考える集会

明日17日に豊島公会堂で都条例改正問題に関する集会が開かれます。

 『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』
 主催:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
     代表者:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)
 協賛:全国同人誌即売会連絡会
 協力:コンテンツ文化研究会
 日程:2010年5月17日(月曜日)
 場所:豊島公会堂(東京都豊島区東池袋1-19-1 池袋駅東口下車 徒歩約5分)
 時間:18時00分(開場) 18時30分(開演)※途中入退場は自由です。
 閉会:21時00分(予定)
 定員:800人
 料金:入場無料ですが、当日カンパ箱を設置しますので、ご協力いただけると幸いです。

18日には都議会総務委員会が開催され、この問題についても進展があるかと思われます。はっきりと、できる形で反対の声をアピールしていく機会は大切にしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »