« 文体診断 | トップページ | 表現規制を考える集会 »

2010.04.13

登場人物になってしまった

いつもは小説を書いている身ですが、このたび小説の「登場人物」になってしまいました。

山本弘さんの『去年はいい年になるだろう』(http://www.amazon.co.jp/dp/4569776639?tag=yamamotohir0c-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4569776639&adid=1GQE57QGTSA33DKDZ9YD&)です。

2001年を舞台に「全世界を巻き込む大規模な歴史改変」をあくまでも市井の一個人である「山本弘本人」を主人公に描いた私小説SFで、山本さんの知人や関係者が実名で登場する中に、私も含まれているという訳です。
出番はちょっと(というか、ある意味「登場」はしていない?)なのですが、結構美味しい役どころ。

自分が関わったという事を別にしても、山本さんらしさが全編に溢れたお勧めの一冊ですよ!

|

« 文体診断 | トップページ | 表現規制を考える集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/48079079

この記事へのトラックバック一覧です: 登場人物になってしまった:

« 文体診断 | トップページ | 表現規制を考える集会 »