« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.13

登場人物になってしまった

いつもは小説を書いている身ですが、このたび小説の「登場人物」になってしまいました。

山本弘さんの『去年はいい年になるだろう』(http://www.amazon.co.jp/dp/4569776639?tag=yamamotohir0c-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4569776639&adid=1GQE57QGTSA33DKDZ9YD&)です。

2001年を舞台に「全世界を巻き込む大規模な歴史改変」をあくまでも市井の一個人である「山本弘本人」を主人公に描いた私小説SFで、山本さんの知人や関係者が実名で登場する中に、私も含まれているという訳です。
出番はちょっと(というか、ある意味「登場」はしていない?)なのですが、結構美味しい役どころ。

自分が関わったという事を別にしても、山本さんらしさが全編に溢れたお勧めの一冊ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文体診断

知り合いの間でちょっと話題の文体診断(http://logoon.org/)を、ちょっと拙作でやってみました。

「インポッシブル・ハイスクール2」
一致指数ベスト3
1 浅田次郎 84.8
2 大宅壮一 80.8
3 小林多喜二 80.1

「無刃のイェーガー」
1 小林多喜二 86.1
2 浅田次郎 83.9
3 遠藤周作 83.7

まあ、向こうのデータベースの傾向やらエンジンの性能やらもあるのでしょうが、とりあえずこんな結果。
次に、一人称で書いた奴を試してみましょう。

「ポチのウィニングショット」
一致指数ベスト3
1 浅田次郎 87.4
2 小林多喜二 78.5
3 大宅壮一 74.6

「世界が終わる場所へ君をつれていく」
一致指数ベスト3
1 阿刀田高 88.7
2 太宰治 88.6
3 小林多喜二 87.1

「ポチ」ではそんな変化がなかったのに「世界~」ではいきなり傾向が変わった模様。

「だめあね」
一致指数ベスト3
1 小林多喜二 84.2
2 浅田次郎 83.2
3 松たか子 79

「パメラパムラの不思議な一座」
一致指数ベスト3
名前 一致指数 リンク
1 小林多喜二 86.9
2 松たか子 85.4
3 浅田次郎 85.4

「通り過ぎた凜緒」
一致指数ベスト3
1 阿刀田高 87.7
2 松たか子 86.7
3 小林多喜二 85.5

ソフトにする事を心がけると松たか子が湧いてくるようです。
それにしても、小林多喜二は割とどこにでも出てくるなぁ……。

最後に「キャラふる♪」2巻に登場する光子の小説。
一致指数ベスト3
1 大宅壮一 80.9
2 松本幸四郎 80.4
3 遠藤周作 79

とりあえず自分のナチュラルな文体とはそこそこ変化させられたようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »