« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.10.21

ハルカカナタへ君と行く

池袋シアターグリーンで、今日が初日のGAIA_crewの舞台。前作が面白かったので覗いてみたのですが、今回もアタリでした。

主人公は売れない舞台俳優。公演を間近に控えつつもいまひとつ吹っ切れない彼の前に「わたしたちは翼を無くした天使なの」と称するふたりの女子高生が現れて……というシチュエーションから何となくふわっとした物語を想像していたのですが、いい意味で予想を裏切るソリッドな手応えの作品です。
ダブルキャスト制なんで、余裕があったら別バージョンも観に行きたいですね。

そのためにはあの原稿とかこの仕事とかをさっさと片付けねば……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

行ってきましたHONGCONG2009

というわけで、秋田県は本荘で開催されたSFコンベンションに行ってきました。
参加者は40人強というコンパクトなローカルイベントというのは初めてでしたが、スタッフや参加者のおかげで楽しませていただきました。
今回は急なお誘いという事もあって自分自身「いるだけゲスト」でしかなかったのは、ちょっと心苦しかったですかね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.10.12

ろくでもない電話ふたたび

またかかってきましたよ、今度は休日の真っ昼間に。

例によってオフィスらしい背景音を伴いながら、妙な作り声で
「もしもし~、しんや~。しんや~? いねーの~?」

はい、レベルアップ?しました。
今度はいきなり下の名前呼び捨てです。もちろん名乗りません。

これで私が電話取ったとして、その後はどうするつもりなんでしょうか?
さすがにその好奇心だけで悪質セールス電話を取るほどヒマじゃありませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.04

HONGCONG2009

縁あって今月の17~18日に開催される本荘SFローカルコンベンション・HONGCONG2009(http://akitasflabo.gozaru.jp/)にゲストとして参加する事になりました。

一応プロの小説家ではありますが、別に「とりたててSFのヒト」でも何でもない身で、こういう場にお招きいただけるというのは、何やら面映ゆくもありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.02

ろくでもない電話

ナンバーディスプレイ機能のない古い型の電話機を使っています。まあ、最近では出番がほとんどなくなったとは言え、大判のファクスが使えるというのも便利なので。
ところが、それで問題になるのが営業電話。特に不動産と墓地がしつこいしつこい。
前にも日記に書いた事がありますが、夜中の11時過ぎに断っても断ってもかけてきた事もありました。

で、普段は在宅していても留守電にしていて、知り合いでない電話や名乗らない電話は取らないようにしているのですが、こういうのが掛かってきました。

まずいきなり

「もしもし、葛西~?」

これです。
葛西様、とか、葛西さん、ではない慣れ慣れしい口調。しかし、知らない声。
そもそも友人知人に、名乗らずにこういう言い方で切り出すような人はいません。
取らずにそのまま放置していると、背後には何やらざわめき。漏れ聞こえる口調や雰囲気からして、営業コールであるのは確実です。
そしたら

「葛西、いねーの? 馬券当たったよー、馬券」

アホか!
私はギャンブルの類は一切やりません。電話を取らせるために、こんなすぐバレる嘘をよくもまあ……。
放っておいたらさすがにほどなく切れましたけど、呆れましたよ。
非効率的なセールス電話を取らせるために、人間はここまでさもしくなれるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »