« 世は巡る | トップページ | 日本SF大会 »

2009.06.21

中里融司先生

先の日記でもお名前を出さずに触れましたが、中里融司先生が逝去されました。

スケールの大きな奇想を愛し、痛快な活劇を愛し、強いヒロインを愛し、ロボット少女を愛する方でした。
いつお会いしても「今、書いているもの」と「これから書きたいもの」の事を楽しそうに語り、エネルギッシュに執筆を続ける「自らが面白がる事で、読者を喜ばせる」という娯楽作家の鑑とも言える人です。
また、朗らかで面倒見のいいお人柄で、出版社のパーティなどでもよく新人をフォローし、他の人に引き合わせていた姿が印象に残っています。

私が現在小説家でいられるのも、中里先生のお陰です。
デビューはしたものの二冊目の目処が立たずに難儀していた私をサークル文庫、電撃文庫、ファミ通文庫などに引き合わせてくれたのが中里先生なのです。
その恩に報いる方法があるとしたら、プロとして読者へ面白い作品を届け続ける事だけでしょう。
もう新作を書く事のない中里先生に代わって--ではありません。
あの人がそうしていたように、です。
中里融司は他の誰にも代替できないひとりの作家なのですから。

早すぎる死です。
いつも話していた『狂科学ハンターREI』の続編を、『プロットディレクター』のコンセプトの再チャレンジを、リプログとジュディの次の冒険を、片時も休む事なく頭の中で渦巻いている新たな物語を、できる事なら読みたかった。
『必殺仕事人2009』や『シンケンジャー』の感想を、もっと語り合いたかった!

|

« 世は巡る | トップページ | 日本SF大会 »

コメント

よい人ほど早く逝ってしまう… といえば、生き残っている俺は何よ、とも思ってしまいますが、身近な友人の死は、ほんとに辛いですね。
我が家にも3日前に訃報が届きました。
大学の寮の後輩で、大層いい奴でした。

恥ずかしくないように生きよう、と思うことくらいしかできませんが。

投稿: Jeni | 2009.06.21 05:54 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/45408639

この記事へのトラックバック一覧です: 中里融司先生:

« 世は巡る | トップページ | 日本SF大会 »