« ドラマCD録音 | トップページ | イエス斬り捨て »

2008.04.11

NEN,GOO

久々の観劇です。

「島国日本演劇祭」と題して4劇団の公演がセットになっている中の一本。
新感覚チャンバラコメディミュージカルというアオリの通り、非常に盛りだくさんで賑やかなのは楽しかったのですけど、ちょっとホンが弱かったですかね?
主人公らしい主人公が不在で、何人かの中心人物のエピソードがバラバラで有機的に絡まない。殺陣そのものはいいのだけれど、いかにも「殺陣のための殺陣」でストーリーの中で意味あるものになっていない。クライマックスの結論がそれまでのエピソードから必然的に導かれたものではなく「あらかじめわかってる正論」でしかない。
何というか、全体的にぶつ切り感が気になりました。

まあ、個人的には武藤晃子と田中精のいい芝居が堪能できたので、とりあえず元は取れたってあたりですかね?

|

« ドラマCD録音 | トップページ | イエス斬り捨て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/40852091

この記事へのトラックバック一覧です: NEN,GOO:

« ドラマCD録音 | トップページ | イエス斬り捨て »