« NEN,GOO | トップページ | リバイバルメモリー »

2008.04.19

イエス斬り捨て

島国日本演劇祭の一本、友人と一緒に行ってきました。

内容はファントマでも好きな一本『幕末刀狂伝』の改作ですが、今回から従来の「劇団」スタイルから大きく体制を改めているため、期待と不安が半々でした。
何しろ中心となっていた主演俳優主演女優が両方抜けているのですし。

実際に観た観想としては充分満足できるものでした。
新しいキャストも地力があり、もともとの脚本がよく出来ているお陰もあってキャラがぶれたりせず、なおかつちゃんと独自の個性が出ていました。
浅野以蔵が粗野だとすれば、保村以蔵は素朴。美津乃武市がエリートの怜悧さを持つのに対し、盛井武市は野心家としての底知れぬ不気味さが漂っています。

話運びも『幕末~』で多少もたついていた部分がすっきりテンポアップし、猫ひろし&きんた・ミーノという飛び道具もきちんと飛び道具として活用しきっていました。
個人的には「♪どこから来たのかご苦労さんね、タ~イセィホーカーン」というしょーもないギャグが妙にツボに入ってしまいましたわ。

ただ「テーマ・宗教」という部分がちょっと取ってつけた感じになってるのは残念でしたかね?

|

« NEN,GOO | トップページ | リバイバルメモリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/40924644

この記事へのトラックバック一覧です: イエス斬り捨て:

« NEN,GOO | トップページ | リバイバルメモリー »