« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.04.23

リバイバルメモリー

エンターブレインで『キャラふる♪』のゲラチェック、新担当さんとの顔合わせ、今後の予定の打ち合わせなどの後、また芝居を観てきました。

カプセル兵団の『リバイバルメモリー』、かなりの当たりでした。
表現をするという行為にはある種の「呪い」が付きまとっています。
何か独自性を出す事に成功すると、それ自体がひとつの「縛り」になり、どれほど斬新で特異なものであっても繰り返すうちに「いつもの特異性」が期待されるようになってしまうのです。
正直に言うと、ここしばらくのカプセルの芝居からはその「呪い」を感じざるを得ませんでした。
ユニークな表現がひとつの「枷」になり、パターンを狭めているのではないか、と。

しかし、今回は違います。
カプセルには珍しく、普通に持ち道具や椅子を使い、衣裳も(ほとんどは)普通のスーツ。
記憶と自我、存在、アイデンティティなどをテーマにした不条理劇ではありますが、いたずらに観念や言葉を弄ぶ事には陥らず、ちゃんとドライブ感のある物語の中に落とし込んでいます。
だからといって今までのカプセル兵団の持ち味を捨ててしまったのではなく、ガンダムネタや80年代ジャンプ漫画ネタ、あるいはスピード感溢れる転換などを「アピールしなければならない個性」ではなく「ひとつの手法」として使いこなした事によってメリハリの利いた舞台になっていました。
ホラーっぽいオチもよかったですね。

後はこれで、もうちょっと精度が高ければなぁ……。
セリフの噛みがやや気になるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.19

イエス斬り捨て

島国日本演劇祭の一本、友人と一緒に行ってきました。

内容はファントマでも好きな一本『幕末刀狂伝』の改作ですが、今回から従来の「劇団」スタイルから大きく体制を改めているため、期待と不安が半々でした。
何しろ中心となっていた主演俳優主演女優が両方抜けているのですし。

実際に観た観想としては充分満足できるものでした。
新しいキャストも地力があり、もともとの脚本がよく出来ているお陰もあってキャラがぶれたりせず、なおかつちゃんと独自の個性が出ていました。
浅野以蔵が粗野だとすれば、保村以蔵は素朴。美津乃武市がエリートの怜悧さを持つのに対し、盛井武市は野心家としての底知れぬ不気味さが漂っています。

話運びも『幕末~』で多少もたついていた部分がすっきりテンポアップし、猫ひろし&きんた・ミーノという飛び道具もきちんと飛び道具として活用しきっていました。
個人的には「♪どこから来たのかご苦労さんね、タ~イセィホーカーン」というしょーもないギャグが妙にツボに入ってしまいましたわ。

ただ「テーマ・宗教」という部分がちょっと取ってつけた感じになってるのは残念でしたかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.11

NEN,GOO

久々の観劇です。

「島国日本演劇祭」と題して4劇団の公演がセットになっている中の一本。
新感覚チャンバラコメディミュージカルというアオリの通り、非常に盛りだくさんで賑やかなのは楽しかったのですけど、ちょっとホンが弱かったですかね?
主人公らしい主人公が不在で、何人かの中心人物のエピソードがバラバラで有機的に絡まない。殺陣そのものはいいのだけれど、いかにも「殺陣のための殺陣」でストーリーの中で意味あるものになっていない。クライマックスの結論がそれまでのエピソードから必然的に導かれたものではなく「あらかじめわかってる正論」でしかない。
何というか、全体的にぶつ切り感が気になりました。

まあ、個人的には武藤晃子と田中精のいい芝居が堪能できたので、とりあえず元は取れたってあたりですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.10

ドラマCD録音

5月下旬にいよいよ発売予定の『ブレスレス・ハンター』ドラマCD最終巻の録音に立ち会ってきました。
前の2枚でスタッフ、キャストとも信頼できるのはわかっていますので、私の方から注文を出すような事はほとんどないのですが、それでも今回は特別です。

まず第一に、最後の第三巻にしてついにベネトナーシュが初登場する事。彼女のイメージを確認しなければなりません。
そしてもうひとつ、今回はラストという事で葛西書き下ろしの「智笑美へのメッセージ」を優毅と勇生がそれぞれ読み上げるのですよ!

で、このテキスト自体はずっと前に先方に渡していたのですが……いや、やっぱり直に耳にすると面はゆいのですうよ、これが。
今までは一度シナリオライターの手を経ているので、比較的冷静に聞けたのですが(小説と、音だけのドラマではボリュームの差を別にしても当然媒体の違いによる差異がありますから、表現や解釈が違うわけですし)今回は私が書いた文章をそのまま読まれちゃったわけです。

ともあれ、ドラマCDはドラマCDで原作を理解していただいた上でひと味違ったものとして完結を迎えます。
お楽しみに。

さて、次の仕事も進めねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »