« きだ版ライダー絵巻 激突!電王VS信長(2) | トップページ | BBS »

2008.02.10

きだ版ライダー絵巻 激突!電王VS信長(1)

※ここからの一連のエントリーは読む方の便宜を考え、逆順にしてあります。(1)~(5)のナンバー通りに読んでください。

さて、お目当てのイベント。
もちろんメインのお客さんは親子連れですが、大きなビデオカメラを構えている人あり、各バージョンの良太郎コスプレをした女性ファンの一団あり。

他のヒーローショーなどを見ていないので比較はできないのですが、映像の使い方など、しっかり「きだ芝居」でした。しかも、映画村という条件を活かし、主役の電王を立てながら客演ライダーへのリスペクトに溢れた素晴らしい脚本!
以下、内容の紹介を(セリフなど細部は不正確です。記憶頼りなもので)。

まずは冒頭。司会のおねーさんの定番「じゃあみんなで大きな声で電王を呼ぼうね!」
そしてスクリーンに映し出される大きな赤い目。しかし、現れたのはショーオリジナルのイマジン(顔はちょっとソードフォーム似)。

おねーさんに「望みを言え」と迫るも、彼女が口にしたのは「温泉に行きたい」とか「チョコが欲しい」(回によって違ってました)というもの。
望みのささやかさにイマジンは不満。
「歴史を変え、世界を変えるほどの大きな望み! それを叶えてやった時に俺は全てを支配する絶対の王となるのだ!」
「王はオレだぁーっ!」
ソードフォーム登場!
何ですか、そのクラウザーさんな現れ方は! この「元気でバカなお行儀の悪さ」がモモですよ!
「オレを無視して王とかほざいてんじゃねえ!」
デンガッシャーを組み立て(この見せ方がまた上手い)イマジンとのバトルが始まるも、相手は強敵。苦戦する電王。
『あらら。先輩、勢いだけじゃ駄目だってば。ここは知性派の僕に任せてみない?』
『ねーねー、ボクにやらせてよー。いいでしょ? 答は訊いてないけど』
ウラタロスとリュウタロスはセリフ&照明効果だけで表現。
「だーっ! 亀公もハナタレ小僧も引っ込んでろ! 今はオレが戦ってんだよ!」
己を無視して内輪もめを始める電王の態度を逃げ腰と採ったイマジンの「泣き言はやめろ」という一言にあいつが反応。
『泣き言……泣き……泣けるでぇ!』
早変わりで、ソードフォームからアックスフォームへ。そしてワイヤーを駆使して高々と跳躍し「ダイナミックチョップ」!
もちろんちゃんと先に言います。
しかしイマジンは素手で斧を受け止め、逆に電王を弾き飛ばす。さっきのワイヤーをもう一度利用した派手な吹っ飛びです。
再びソードフォームに戻るものの、イマジンは既に電王を相手にする気は失せています。
『時の扉』を開き、自らに見合う大きな野望の持ち主を探しに行こうとするイマジンに飛びつく電王。
「止せ! 俺以外がこの時の扉をくぐるとどうなるかわからんぞ!」
良太郎(声だけ)も『駄目だよ、モモタロス。僕たちが無理したら大変な事になっちゃうよ!』と訴えるも、もちろん電王(=モモタロス)は聞く耳持たず。
考えてみると、ひとりで掛け合いができる上に三の線も務まる電王というのはショー向きのライダーかも。

ふたりはもみ合ったまま『時の扉』の中へ……。
『時の列車デンライナー……』
ここでいつものナレーション&主題歌がかかり、スクリーンにはお馴染みのOPが。
うん、こういう「テレビと同じ」気分を高めてくれる演出は良し。
そして『きだ版ライダー絵巻 仮面ライダー電王 激突!電王VS信長』というタイトル!
今度は「いつもと違う」気分の方を盛り上げてくれます。
(続く)

|

« きだ版ライダー絵巻 激突!電王VS信長(2) | トップページ | BBS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/40065248

この記事へのトラックバック一覧です: きだ版ライダー絵巻 激突!電王VS信長(1):

« きだ版ライダー絵巻 激突!電王VS信長(2) | トップページ | BBS »