« ジョッキに生卵 | トップページ | なのに私は京都へ行くぞ »

2008.02.02

ふたたびネバーランドへ

三週連続舞台期間。
第二回は「ネバーランド A go go!」です。

昨年、あまりの面白さに立て続けに観てしまった芝居が追加公演という事で、友人を誘ってもう一度行ってきちゃったのです。
普段の感想ではあまりネタバレなどについては配慮しないのですけど、これに関しては詳しい内容には触れません。また機会あって再演される時に観る方の楽しみをスポイルしちゃいけませんから。
(ネタバレについてはあまり神経質になるのは無意味だとは思いますが、それでも「サプライズ」が重要な要素を占める作品というのはありますよね)

今回は一部キャストが交代になっていますが「ゴーゴーファイブ」のゴーブルー・巽流水こと谷口賢志と、「ウルトラマンメビウス」のコノミ隊員こと平田弥里という、私にとっては見覚えのあるふたりが参入。どちらも番組で見知った役柄とは違う演技を見せてくれました。
元々脚本がよく練られていて、シナリオ段階で極めてはっきりとキャラを立てているので、キャストが変更されても変なブレはないのですよね。それでいて、あらたな役者ならではの個性はちゃんと出ているのです。
ただしもうひとり、今回の新メンバーである栗山絵美演じる「バンビ」に関してはすらりとした長身を活かした台詞があったりして、「ドーピー」との関係も変わってるあたりは、ただの再演じゃありません。

何度観てもサプライズがあり、結末を知っている上で最初から観ると各キャラクターの細かい言動にさまざまな意味が読み取れる。
うん、いい芝居でした。

|

« ジョッキに生卵 | トップページ | なのに私は京都へ行くぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/17931476

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびネバーランドへ:

« ジョッキに生卵 | トップページ | なのに私は京都へ行くぞ »