« 仕事の話 | トップページ | ふたたびネバーランドへ »

2008.02.01

ジョッキに生卵

先日、友人数名と一緒に映画をハシゴしてきました。
お題は『魁!男塾』と『ピューと吹く!ジャガー』のピュア二本立て。
で、どっちも表題のシーンがあった次第。
(ピュア=漫画やアニメの、普通に考えたらかなり無理のある実写版の事。『鋼鉄天使くるみPure』に由来するオレ用語)

『ジャガー』の方はギャグマンガの身も蓋もないところを上手く映像に置き換えている印象。
間やカメラワークという映画ならではの表現がちゃんと効いてましたね。
要潤をキャスティングした時点で半分勝ったも同然というところでしょうか?

『男塾』の方も、予算の都合でディテールが甘いところは散見するものの、ほとんどの配役は原作キャラをちゃんとイメージさせるし、脚本の再構築も及第点以上をつけられるでしょう。
作品を象徴するキャラである桃太郎と塾長はどちらも「成長も変化も挫折からの再起もない完成形のキャラクター」なので、秀麿を視点人物としてフィーチャーしたのは正解だと思います。
ウリのアクションも、クライマックスまではそれなりに楽しめました。
ただ、肝心の桃と伊達のバトルで一気に興ざめしちゃったのですよ。
監督=主演がなまじ格闘に拘る人のせいか、いちばんの盛り上がる場面で「殺陣」じゃなくて「ホンモノの格闘」を撮っちゃってるんですわ。
『男塾』の世界で「今時の総合格闘技っぽいフォームで間合いを計るジャブの牽制合戦」とか「相手の骨を瞬時に砕かない、普通の関節技」なんてみたくないのです。それやっちゃった瞬間、スクリーンの中の人物が『剣桃太郎』じゃなくて『坂口拓』になっちゃうのです!
リアルファイトの凄さを堪能したいのなら、普通に格闘技の試合見ますって。
醒めちゃうと、それまで見過ごしていたディテールの粗さまで気になっちゃって、ちょっと辛い点数になりましたね。

|

« 仕事の話 | トップページ | ふたたびネバーランドへ »

コメント

数年前から続く無理な実写化。
果たしてどこまで行くものやら。

今心配なのは、「ヤッターマン」実写版かな?

mixiの我が家4000人目を踏んでました。
いっつもどうも。
一応ご報告。

投稿: Jeni | 2008.02.01 06:21 午後

いやぁ、無理なピュア映画やピュアテレビ、あたしゃもういろいろと楽しんでいますよ。
「原作とイメージが違う」とか野暮な事言うような若さはありませんし、既に無理っぷりが味です。
その上で面白いか面白くないかが勝負という事で。
「風魔の小次郎」なんかは、ちょっと殺陣にカンフー入りすぎなのは残念でしたが原作を上手くアレンジして現代的にキャラを膨らませましたし「キューティーハニーThe Live」なんかは今時珍しい肉弾アクションとして佳作です。

投稿: 葛西伸哉 | 2008.02.02 08:37 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/17916150

この記事へのトラックバック一覧です: ジョッキに生卵:

« 仕事の話 | トップページ | ふたたびネバーランドへ »