« 年末 | トップページ | 仕事の話 »

2008.01.26

しがらみの向こうに

1月26日からは三週連続で舞台を観るという、微妙にハードなスケジュールです。

今年最初の観劇は下北沢でRISU PRODUCEの「しがらみの向こうに」という芝居。
うーん……ちょっと辛い点をつけざるを得ませんかね?
役者陣はみんな存在感と愛嬌があって魅力的なのですけど、脚本が弱いのです。
振り込め詐欺という手口を「発明」したふたりによって新聞の三行広告で集められた男たちの群像劇なのですけど、キャラの動きと題材が噛みあってない。

いろんな「しがらみ」を抱えている男たちであればこそ、振り込め詐欺という「しがらみ」「絆」を利用する犯罪を実行するに当たっていろんな心の動きがあると思うのですけど……。
ラストもちょっと力技で強引に落とした印象が拭えませんし。
それと、登場人物の名前が不必要に被りまくってるんですよね。西山、西田、西谷と出てきて、特にネーミングに意味はなし。正直、ちょっと混乱しました。

|

« 年末 | トップページ | 仕事の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/17857153

この記事へのトラックバック一覧です: しがらみの向こうに:

« 年末 | トップページ | 仕事の話 »