« 碧玉路 | トップページ | キャラホビ2007 »

2007.07.11

ウィキペディアを過信するな

決してヒマではない、というかむしろ忙しいはずなのですけど、ちょっと調べ物をしていたらウィキペディア英語版の「tokusatsu」ページに行き当たってしまい、ついつい読みふけってしまいました。
実のところ、英語力は中学高校レベルなのですらすらと読み下すというわけにはいかないのだけど、固有名詞などの訳し方を見ているだけでも結構楽しいのです。
『ダイナマン』のジャシンカ帝国が「Evilution」というのは名訳と言えるでしょう。『シャンゼリオン』の「ノーテンキラキラ」が「Twinkle, Twinkle, my light brain」とかね。

『メタルダー』のネロス帝国各階級も面白いのですが、第二話「余は神、ネロスなり」が「Neros Becomes More Than a God」ってのは「余」を「~以上の」の意味に取っちゃったんでしょうね。『博士の異常な愛情』同様、名誤訳と言えるかも知れません。

しかし、何よりも気になったのは『仮面ライダーX』の敵組織・GODのページです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Government_Of_Darkness
マッハアキレスが亀だったり、アトラスが昆布の怪人だったり、カメレオンファントマがオペラ座の怪人だったり明らかな間違いというか、記述者の思い込みであろうネタが満載!
何よりもすごいのがオカルトスとサラマンドラが神話怪人ではなく悪人怪人に分類されているのですよ!
オカルトスはベンジャミン・オーグルとモグラの怪人、サラマンドラは呂金功とサンショウウオの怪人……ってそれ誰ですか?

調べたら前者は昔のメリーランド州知事、後者は中国から移民してフロリダにて果樹栽培で成功して「柑橘類の魔術師」と呼ばれた人。どっちも悪人軍団とは無関係っぽいんですけど?
これを書いた人は、どういう理由でこんな「設定」を思いついたんでしょうか? オーグル知事はあんな服装で幽霊を呼び寄せたりしたんですか? それともヒトデヒットラーみたいに、顔がオカルトスそっくりなんですか?


|

« 碧玉路 | トップページ | キャラホビ2007 »

コメント

 意外!英訳された民明書房の書籍がタネ本!・・・だったら素敵なのになぁと妄想。

投稿: 今井章尋 | 2007.07.11 10:52 午後

 あ、あと可能性として英語圏放映なんてしてたら、その時点でそう設定したセリフのアフレコで、向こうでは一応のオフィシャルだったりとかありそうですが。

 

投稿: 今井章尋 | 2007.07.12 09:15 午後

いや、それがですね。
Xライダーのページを見ても英語圏で放送されたような記述はないし、他の一部作品(例えば「ガッチャマン」)にあるような英語版を含むバージョン違いについての名称解説もないのですよ。
ですから、恐らくは記述者の「私的研究」ではないかと。

投稿: 葛西伸哉 | 2007.07.12 10:54 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/15725352

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキペディアを過信するな:

» 子供の骨かと思ったら [非公式の天蓋 ]
オオサンショウウオの骨は何と間違えられたのか [続きを読む]

受信: 2007.07.12 10:21 午後

« 碧玉路 | トップページ | キャラホビ2007 »