« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.15

丘ダイバー

珍しくどうでもいい日記。

今日の「パンシャーヌ」、どっかで聞き覚えのあるフレーズだと思ったら、「ぐるぐるタウンはなまるくん」で同じネタ使ってたよw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.05.09

イラスト届く

エンターブレインの担当さん経由で『だめあね☆まかでみい』のイラストデータが届きました。
いやぁ、これが実に素晴らしい。こいつを一足先に見られるってのは作者の特権です。
先にいただいた『だめあね☆☆☆』のカバーも、目も眩むほどの美麗さで、早く読者の皆さんにもお見せしたいっ!
あんまり宣伝めいた事を言うのはナニではありますが、今回は私の小説の事は棚に上げても、このイラストだけでも買う価値はあります。

皆さん、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.07

鬼太郎&スパイダーマン

仕事の谷間にハシゴしてきました。日米マンガ映画対決。

『鬼太郎』の方は、この手の日本映画にありがちなパターン。つまり、残念ながら映像やキャストはいいものの脚本が弱い。
特に問題なのは、父親が妖怪石を盗んじゃったのは石の魔性にあてられた出来心だとしても、その後の息子に渡して「誰にも教えるな」というのは明らかに本人の意思に基づく行為だという事。で、子供は子供で善悪も状況も考えず、愚直に「約束だから」と守るだけ(しかも、結果的には守りとおせたわけでもないし)。
おまけにクライマックスは「それまで何もしなかった万能の調停者」が必然性のないタイミングで現れて問題解決。
「心底悪い奴は誰もいない」という構造にしたかったのだろうけど、結果として「みんなが悪い」のをなあなあでスルーしちゃった印象が残った。
2時間一本の映画なんだから、もっと単純に「鬼太郎が活躍する怪奇アクション」でいいと思うのだけどなぁ。特に、ねずみ男というトラブルメーカー、トリックスターとしてどんな風に使っても構わないキャラがいるんだから。

『スパイダーマン3』の方もかなり詰め込みすぎというか、とっちらかった映画なのだけど、こっちは「許す者こそが救われる」というテーマが一貫しているおかげで、最低限のまとまりは維持できている。
復讐や怒り、嫉妬という通底したモチーフに対する各キャラの態度の違い、あるいは同じキャラの態度の変化をきちんと書いているから、エピソードの配置はぎくしゃくしていてもストーリーがあまりガタつかないのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »