« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.26

高専ロボコン

今回は国技館までナマで観にいってきましたよ。
いえね。テレビ放送は演出と言うか、番組のつくりでアタリハズレが大きいんで。競技そのものの面白さを中心にしてくれたらいいんですけど、妙なバラエティっぽくされたらねぇ……。

今年のレギュレーションは、またお互い自分のコースで速いゴールを目指すだけのもの。だから、マシンの性能と信頼性、操縦者の腕前で勝負が決まっちゃって、戦略や駆け引きが関与する余地がないのですよねぇ。
正直、こういうルールだとトーナメントの優勝とロボコン大賞を分ける必要があるのかと思ってたら、1チームが両方受賞しました。

それと、今年いちばん残念なのは「アイディア倒れ賞」が存在しないことですか。
今年のルールじゃあまり奇抜なロボは活躍できないでしょうけど、ルール的には有利じゃないけど強引に空を飛んだり、無意味に二足歩行したりするのが高専ロボコンの醍醐味だと思うのですけど……。

まあ、それでもナマで観戦するとテレビよりもエキサイティングなのは確かです。
来年も行きたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.11.25

新横浜能天気予報

知り合いに誘われて、今日も観劇です。
新宿サンモールスタジオで、大人の麦茶の「新横浜能天気予報」。

脚本がよく練られていたのがよかったですね。登場人物はみんなバカだったりガキだったり小悪党だったりするのですけど、テンションのメリハリが利いた役者陣の演技とも相まって、その欠点も含めて魅力的。
細かいシチュエーションが後で効いてますし、理不尽な事がほとんど起きていないのに意表を突いた展開にハラハラさせられ、最後には全員がハッピーエンドになってよかったと素直に思える一本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

Red River Valley

ここしばらく日記の更新をサボってましたが、まあ普通にファミ通の原稿書いたり、MFの新企画書練ったり、1月に出る予定の某社のイラストラフをチェックしたり。
仕事ばかりじゃなく、小松崎茂展や『DEATH NOTE』の映画観にいったり、友人とジンギスカンをむさぼり食ってたわけですが。

で、今日は観劇です。新宿シアター・アプルでファントマの『Red River Valley』。
う~ん。好きな劇団なんですけど、今回はちょっと辛い点をつけざるを得ませんね。
題材や状況設定は魅力的なものの、キャラクターだけがあってストーリーがない。個々のエピソードが細切れで、全体の大きな流れとして絡み合ってこないのです。特に、主人公であるはずのブラッドが美味しいトコ取りと過去の因縁だけで、現在の物語の中で上手く活きていないのが物足りなく感じました。
小ネタの笑いの部分は楽しいのですけど、今回は本筋が弱いので、その隙間に小ネタを詰めこんでいる感が拭えませんでした。
1月にまた新作の公演があるので、そちらに期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »