« 動物映画のハシゴ | トップページ | 連続発売 »

2006.05.14

踊れ!アミーゴ

ファミ通文庫の原稿を何とか昨日のうちに目鼻をつけて、最終日に駆けこみで見てきました。『映画クレヨンしんちゃん』の最新作(もう一日早く仕上がってれば、韓国まんがまつりに行ったんだけど……)。

ここ数年では、いちばんまとまりが良かったと思いますね。特に去年一昨年と、抽象的・形而上的な設定を強引に持ち込み、必要以上にひねった事をしようとして消化しきれなかったのに比べると、今回は「ホラー」という軸を一本きちんと定め、変にメッセージじみた事を込めなかったのがいい方に働いたのではないでしょうか。

ホラーに徹した前半の演出力はかなりのものです。ショックを恐怖と錯覚させるやり口ではなく、きっちりと「家族や友人、同僚という身近な人間が『違う何か』と入れ替わっていく」という恐ろしさを描ききっています(日曜午前の某番組にも見習ってほしいところ)。
ボディスナッチャーテーマで、ゲストヒロインがジャッキー・フィーニーという小ネタも楽しいところ。彼女がまたなかなか魅力的で。

ただ、残念なのが全体的な笑いどころの不足。まあ、これはホラーと両立が難しいっていうのはありますが、そのためか終盤サンバやらこんにゃくやらが出てくるのですけど、これが前半とはかみ合わないというか、強引にくっつけているだけで、木に竹を接いだような違和感が拭えない点。
もうひとつは、クライマックスで野原一家やかすかべ防衛隊のメンバーの活躍が不十分な点。いや、一応物理的には立ち回りしまくってるのですけど、基本的には映画ゲストの正義の味方に助けられ、ただ敵の雑魚を片付けてるだけなんですよ。やっぱりそこが物足りないのです。

|

« 動物映画のハシゴ | トップページ | 連続発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/10060538

この記事へのトラックバック一覧です: 踊れ!アミーゴ:

« 動物映画のハシゴ | トップページ | 連続発売 »