« 某社の打ち合わせ | トップページ | ライトノベル・フェスティバル »

2006.04.20

幻之介世直し帖

地元UHF局で『おしどり右京』が終わって始まったこの番組。全然知らない作品ですが、前作からの流れでチェックしてみたら、これがものすごい怪作でした。

基本の骨子は「大目付のダメ息子(演:小林旭)が、実は江戸で話題の義賊。さらにその正体は公儀の密命を帯びて悪を倒すヒーロー」という物語です。ことさらに深いドラマも凝ったストーリーもなく、単純な勧善懲悪の痛快娯楽活劇と言っていいでしょう。

しかし! そのスタイルが妙なのですよ。

黒装束にバットマンの出来損ないみたいな鳥の仮面を被り、名乗りは「闇御用、はやぶさ見参!」。
両手にドス(短刀というより、こう呼ぶ方が相応しい)を持ち、トランポリンアクションで宙をぴょーんぴょーんと飛び交い、すれ違いざまに敵の用心棒の顔面を切る、切る、切る! そして流血!
陸を走る『おしどり右京』、船でワンダバする『破れ奉行』も比類なきインパクトですが、こいつはいわば空のヒーロー!

こうやって三作並べると、ビジュアル的には『おしどり右京』がいちばん普通に見えるってのはすごすぎますわ。

|

« 某社の打ち合わせ | トップページ | ライトノベル・フェスティバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/9681846

この記事へのトラックバック一覧です: 幻之介世直し帖:

« 某社の打ち合わせ | トップページ | ライトノベル・フェスティバル »