« 終わった~っ! | トップページ | 某社の打ち合わせ »

2006.03.29

テングメン

というワケで、舞台エネルギーをたっぷり吸収してきました。久しぶりのTEAM発砲B★ZIN、久しぶりの下北沢です。

今回は時代劇ですが、いつものヒーロー物のテイストも残っています。
従来の発砲が石森章太郎路線だとすれば今回は永井豪。今までが「大人のテレビマガジン」だとすれば、今回は「大人のコミックボンボン」。要するにバカでエロです(褒め言葉)。
タイトルやチラシから想像してましたけど、本当に股間に天狗のお面なんですもん。

物語のテーマは『ゴメンバー』とも共通してますが、恋愛と性を絡めた事で、一般論ではなくぐっと個人に踏み込んだドラマになっています。
役者陣は安定した配置で、冒頭からヨゴレでキュートなところを見せてくれる武藤晃子、ヒロインとしての貫禄充分の小林愛、勢い全快の工藤順矢など、安心して堪能できました。
きだつよしが脇に回って森貞文則が主人公というパターンは『ゴメンバー・デ・ショウ』などでも見られたシフトですが、森貞がいい意味での青臭さを纏ったまま上手くなったのは発砲にとって大きなプラスだと感じました。役者としてのきだが成熟してしまったので、若い主人公はちょっと辛かったりするのですよ。

|

« 終わった~っ! | トップページ | 某社の打ち合わせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/9323392

この記事へのトラックバック一覧です: テングメン:

« 終わった~っ! | トップページ | 某社の打ち合わせ »