« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »

2005.12.15

BIRDS

 原稿がじわじわとしか進まないのですけど、芝居を観てきました(そういや、今年はあまり舞台に行ってないなぁ……反省せねば)。
 いやね、確かに忙しいのですけど、チラシによるとヒーローもので作&演出は「Zipper!」をやったTOON BULLETSの浅沼晋太郎。出演者は発砲B☆ZINの武藤晃子に、デカレンジャーのジャスミンこと木下あゆ美に、稲田徹、小山剛志という面々とくれば行かない手はないじゃないですか!

 タイトルが「BIRDS」で、主人公たちは警察の秘密強行班に属する5人のエキスパート。そのコードネームはオオワシ、コンドル、シラトリ、ツバクロ、ミミズク。司令官は南部とくれば、言わずとしれた『ガッチャマン』ですが、内容的にはそれほど意識していないようです。

 アクションは殺陣はダイナミックで、側転やジャンプキックなどの派手な動きは見ごたえがありました。ただ、舞台の広さに対して多めの人数での戦いが多かったせいか、蹴り足がきれいに伸びてないところなどが散見されたのが残念でしたね。
 物語も、最初はユーモアを交えながら、だんだんクライマックスに向けてシリアスになっていく構成は見事。装置も簡単な構造なのに照明とのあわせ技で、複雑な映画的カット割を舞台上で表現しています。主人公であるオオワシの序盤の印象が弱いのがやや惜しまれますかね。
 発砲では劇団の作風もあってコメディエンヌとしての印象が強い武藤晃子が今回は正統派の悲劇のヒロインを表現しきり、木下演じる捕らえどころのないシラトリもチャーミング。稲田の迫力は、K列の私までびんびんに伝わってきました。 主人公オオワシの佐藤仁志と、悪役DEFの原智宏もいい芝居見せてくれましたし、今年最後の観劇としては充分満足できましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

冗長性の乏しいシステムはトラブルに弱い

 一か月ほど日記が留守でしたが、別に何かあったわけではなく『奇談』や『仮面ライダーThe First』を観にいったり、上野のガンダム展と『7人のマッハ!!!!!!!』をハシゴしたり、某社の打ち合わせをしたり、講義をしたりと、普通に忙しかったのですよ。
(新刊については、遠からず告知できると思います)

 で、そんな中突然奇妙なタイトルの日記。
 実はテレビが壊れてしまったのですよ。しばらく前から調子が悪く、大昔のテレビみたいに温まるまで画面が写らない。その待機時間がどんどん長くなってきたためさすがに買い換える事を決意。近所のリサイクルショップで前のよりもちょっと大きなテレビを購入しました。
 ところが、部屋のレイアウトの関係で新しいテレビが前の位置に置けない! あまりにもぴっちり家具を並べすぎたため、違うサイズのテレビを元の場所に置こうとすると、ベッドを片付け、本棚を片付け……という大掃除ところか模様替えが必要なのです!
 さすがに原稿の締め切りも近いのにそんな数日がかりになりそうな仕事をやってるわけにもいかないので、緊急避難としてテレビの置き場だけを別方向に確保しましたけどね(おかげで見づらい)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年2月 »