« サイボーグ侍 | トップページ | 800発の銃弾 »

2005.11.01

SAW2&ZガンダムⅡ

 映画サービスデーという事で2本ハシゴしてきました。某社用の企画書も何とか間に合ったことですし(しかし、別な仕事が残ってたりするのですが)

「SAW2」は……うーん、ひとことで言うと「地獄のピタゴラスイッチ」?
 登場人物が多く、一定の空間の中をある程度自由に動き回れるので、あまりタイトな印象はありません。しかもその登場人物たちがほぼ全員感情移入はもちろん興味を持つのも難しい連中で、そいつらが思慮の足りなさからどんどん自滅していくだけなんですよね。
 まあ、それでもサスペンスフルな状況を途切れさせないだけで1時間40分は持たせられるのが映画の強いところでしょうね。

「Zガンダム」も、やや苦しい出来。予想されていた事ですが、元々のテレビシリーズでも今回のパートは個人のドラマを濃く描かれたカミーユと大状況を俯瞰するクワトロが別行動だし、アムロも動くしという事で、もっとも多元中継になっている部分。それを映画にまとめると、どうしても細切れのダイジェストという印象は拭えません。特にクワトロの移動が全くと言っていいほどフォローされないのは辛いですね。
 ただ、富野監督ならではの「日常の仕草の中に潜むエロティシズム」の執拗な描写が堪能できたのは収穫でしょうか。

|

« サイボーグ侍 | トップページ | 800発の銃弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/6850977

この記事へのトラックバック一覧です: SAW2&ZガンダムⅡ:

« サイボーグ侍 | トップページ | 800発の銃弾 »