« SF大会HAMACON2(初日) | トップページ | 誕生日の真夜中 »

2005.07.17

HAMACON2(2日目)

 ホテルでスーパーヒーロータイムを鑑賞してから会場へ。
 この日の1コマ目には「ライトノベル作家座談会」があったのですが、こっちは後で出演した人からお話を聞けるだろうというセコい計算から「すごい科学で守ります」の方へ。
 今回のお題は『ゴジラ』。結局ゴジラは何匹いたのか、という疑問に大して例によって「スマートな屁理屈」によって見事な解釈がなされました。「ミニラがその後どうなったのか」や「ゴジラの人相は何故変わる」というあたりの論理展開が実に素敵です。戦隊やライダーの話は少なめでしたが、それは秋に出るという三冊目に期待しましょう。

「すご科学」の後、中里融司さんとばったり。次の「SF系必殺技研究所」に予定していたゲストの方が出られなくなったという事で、急遽ピンチヒッターとしてお手伝いする事に。いろいろロクでもない話をしてしまいましたが、同時に実際に作品に使えそうなネタも。
 この企画で最大の収穫は「SF」の新しい概念が出た事でしょう。「サイエンス・フィクション」でも「スペキュレイティブ・フィクション」でも「すこし・ふしぎ」でもなく「すごく不自然」。いや、『ガクラン八年組』の話題が出てしまった余波でありますが。

 最後に「ライトノベルニューウェーブチェック」を見た後、疲労を感じていることもあってクロージングには参加せず帰宅。
 さまざまな不手際や企画配置、コストパフォーマンスが低く感じられるなどの問題もありましたが、個人的にはまあ楽しめました。さて、遠出になる来年はどうしましょうかね。 

|

« SF大会HAMACON2(初日) | トップページ | 誕生日の真夜中 »

コメント

初めて書き込みさせていただきます。
大会で大きな顔してちゃちゃいれしてたやつを思い出して下さると幸いです。

「すごく不自然」普及に協力させてくださいませ。
それではまた

投稿: chefren | 2005.07.18 10:28 午後

『すごく不自然/ボディスナッチャー』
 きっと、偽者だと丸わかりなんですね。
『すごく不自然 巨大生物の島』
 作品の内容を的確にあらわしているタイトルです。
『すごく不自然西遊記 スタージンガー』
 確かにそんな感じですね。かなり無理してる感じです。
『サンリオすごく不自然文庫』
 言いえて妙ですね。よくあれだけ不自然な小説を集めてきたものです。
『すごく不自然宝石』
 どんな宝石なんでしょうか。やっぱり模造?
『ガンダムすごく不自然論争』
 昨今のガンダム人気というのは、やや不自然な気はします。無理やりというか。
『宇宙仮面すごく不自然』
 技とか、戦う動機とか全体的に不自然。というより不条理に近い気がします。

投稿: 西谷有人 | 2005.07.20 01:48 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/5015008

この記事へのトラックバック一覧です: HAMACON2(2日目):

« SF大会HAMACON2(初日) | トップページ | 誕生日の真夜中 »