« 今日会えませんか? | トップページ | HINOKIO »

2005.07.11

逆境ナイン

 ファミ通の原稿がかなりキツい状態なのですが、映画をハシゴしてしまいました。
 まず一本目はコレ。
 島本和彦による原作の特徴というのは「過剰」と「屁理屈」だと思ってます。で、漫画としての過剰をそのまま映像にしたってつまらない。どういう手を打ってくるのかと思ってたら、いきなりフラメンコギターをBGMに、人影のない全力学園のグラウンドを枯れ草の玉が転がってます。
 こ、これは西部劇? マカロニウェスタン? 確かにこれは「映画らしい過剰」。いきなりやってくれます。
 その後も手際よく原作をダイジェストしつつ、上手く映画としての面白さに翻訳してくれました。舞台がのっぺりとした名もない「街」ではなく、自然豊かで素朴な雰囲気の三重の風景。昔ながらの駄菓子屋や商店街などの当たり前の風景の中だからこそ、主人公たちの「過剰さ」が際立つ上手い表現です。
 原作の面白さあればこそ、の映画ですがファンとして充分楽しめました、はい。

|

« 今日会えませんか? | トップページ | HINOKIO »

コメント

息子と一緒に見てきたよ。
面白く仕上がってたと思います。
(息子は、帰りの車の中で、「日の出の選手の名前が違うのが許せん」とか「甲子園まで」とか言っておったが、父は許す)
藤岡氏のプロフィールに「仮面ライダー」が入っていて、玉鉄のプロフィールにガオシルバーがないのは、許しちゃうけど悲しく感じました。
次は二男と「ポケモン」です。

投稿: Jeni | 2005.07.14 10:58 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/4944842

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境ナイン:

« 今日会えませんか? | トップページ | HINOKIO »