« バカ映画の日 | トップページ | 鬼泪 »

2005.06.29

戦国自衛隊1549

 当初の締め切りより一日遅れるも、何とか昼過ぎにMFの原稿を仕上げて担当さんにメール。さらに、平行して進めていた某社向けの企画書も仕上げました。
 これで何とかひと段落だけど、難航しているファミ通向け作品の手直しが残ってるのでした。ふぅ。

 実は今日は友人グループで「恒例の映画ハシゴ」の日だったのですが、スケジュールがぎりぎりだったのでパス。その代わりと言っては何ですが、地元シネコンのレイトショーで「戦国自衛隊1549」を観てきました。
 うーむ……正直、いまいちの映画でしたね。歴史や軍事に関して、決して詳しくない私が見ても穴が多すぎます。敵も味方も、自分たちが予期している事態に対して無策すぎますよ。的場は現代から追撃(救出)部隊が来るのを予想していたのなら、なんでそれを取り込むなり騙すなりして戦力の補充を図らないんですか? ロメオ隊だって的場殲滅まで視野に入れてるにしてはあっさり奇襲受けすぎ!
 しかもガランダー帝国もびっくりの東京フライパン作戦(しかも無意味。あの時代の天下取りが目的なら関東壊滅させても効果は低いし、日本を誇りある強国にしたい奴が今後長期に渡って無為に国力を低下させるような手段を取るのは何のため?)
 ドラマの面でも、かつては似た思想の持ち主であっただろう鹿島と的場の間に生じた対立と葛藤が弱く、しかも主人公が自らの意思ではなく「予定調和」の達成を目的に行動してるので、単にパズルを解くだけでカタルシスがありません。「俺たちは歴史の辻褄あわせをしただけなんじゃないか」って、作り手が分かってるなら何とかしてくださいよ!
 映像面では、せっかく燃料や弾薬補給という難問を力技で解決したくせに、案外現用兵器が活躍しません。攻撃ヘリは敵味方ともほとんど移動や偵察に使われただけで撃墜されちゃいます。
 手塚監督、「ゴジラVSメガギラス」では殺陣の面白さのために余計なファクターを全部とっぱらった潔さを感じたのですが、今回はちょっと不満が残りました。

|

« バカ映画の日 | トップページ | 鬼泪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/4768986

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国自衛隊1549:

« バカ映画の日 | トップページ | 鬼泪 »