« 肩の痛みと打ち合わせ | トップページ | バカ映画の日 »

2005.06.16

謎のコンボイが手に入った

 さて、MF用の原稿を読み返していると宅配便が。開けてみると「トランスフォーマー・謎のコンボイを手に入れろ」キャンペーンの賞品「ライブコンボイ」でした。
 ……本当に当たったの? 一口しか応募してないのに? 同じ時期に応募した「アムドライバー」のファイナルキャンペーンはありったけのポイント送ってなしのつぶてだったのに?
 自分の幸運を素直に喜ぶというより、応募者数が少なかったんじゃないかという不安というか妄想の方が先にたってしまいますわ。

 で、そのライブコンボイ現物。確かに出来はいいんですけど、驚きがないんですよねぇ。
 極論してしまえば「実在する何かがロボットに変形。そのロボットは自由にポーズがついて、更にさまざまなギミックも内蔵している」というのがTFのひとつの理想なら、その理想はG2で既に達成されてしまっているのではないでしょうか? 変形モチーフの目新しさもBWがひとつの極地に到達してしまってますし。
 同じロボット玩具でも、年ごとに「ライト&サウンド」「電動」「変形合体そのものの面白さ」など目先を変えられる戦隊ロボとは違い、ひとつの方法論を繰り返し用い、しかもコンボイやスタースクリームなど、ほぼ同じキャラクターでありながら前とは違う玩具にしなければならないTFというのは苦しいのかも知れません。

|

« 肩の痛みと打ち合わせ | トップページ | バカ映画の日 »

コメント

ワタシも、テレビ新作のTFはカーロボまでしか買ってないです。
すっかりサプライズがなくなってしまって(;_;)
近年のヒットはゴーボッツ。あれはシンプルな中にギミックとサプライズを盛り込んでて、面白かった。

投稿: ASA | 2005.06.16 11:04 午後

それじゃあ、もうTFなんていらないと?
いいですねぇ、年寄りで昔の美化した過去に浸って優越感感じられる人はw
羨ましいですよ、まったくw

投稿: 白倉 | 2005.06.22 09:51 午後

白倉様。
 失礼ながら、何をおっしゃりたいのか理解しかねます。
 私は実際にライブコンボイに興味があったから入手の機会にアプローチしたわけですし、キャンペーンに応募したからには当該ロボットポイントも持っていたわけです(ちなみにニトロコンボイを自前で購入してました。他にもGF商品数種を買ってます)。
 現状に苦言や疑問を呈する事と、感心を持たずに全否定する事がどうしてイコールになるのでしょうか?

投稿: 葛西伸哉 | 2005.06.23 04:00 午前

新鮮味の無さ、インパクトの薄さというのは、私もかねがね感じていたことです。

メーカーの売り文句で「去年これが当たったから、今年もいけます」というのがよくありますが、現実にはまったく逆でして、同じようなアイデアで2年続けてヒットするなんて事はほとんどありません。何年も似た様な展開ばかり続けていれば当然飽きられるわけで、アメリカでもARMADAこそ結構好調だったものの、ENERGONではかなり落ち込んでしまったと聞きます。

長期シリーズというのは、いかにテンションを維持していくかが最大の課題です。
まあ、海外と提携している以上タカラサイドであまり勝手なことをするわけに行かないという事情はあるにせよ、似た様な条件であるはずの戦隊が毎年これでもかというほど大胆なアイデアを投入し、恥も外聞もなく時流を取り入れることで(失敗もあるにせよ)最前線を走り続けていることを考えると、このままじゃダメだよなあという感が押し寄せてきます。

投稿: 念力 | 2005.06.24 11:40 午前

 同じ路線、というと思い出すのが「星矢」の時に友人が目撃したケースですな。
 子供が母親にスケイルをねだってるのに「金色のはもういっぱい持ってるでしょ」と言われたという話。

 近年のTFだと「マイ伝」の商品は割とよかったと思うのですよ。
 久々のTVシリーズでそこそこ新味もありましたし、基本サイズはエボリューションギミックの面白さ。変形そのものの楽しさとモチーフのバラエティはマイクロンで追求できたわけですし。
 どうしても通常サイズだとスポーツカーや建機、戦闘機など「売れ線」の素材に偏らざるを得ないのも苦しいところでしょうか。

投稿: 葛西伸哉 | 2005.06.24 01:21 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/4582523

この記事へのトラックバック一覧です: 謎のコンボイが手に入った:

« 肩の痛みと打ち合わせ | トップページ | バカ映画の日 »