« オマツリ男爵と秘密の島 | トップページ | おたく:人格=空間=都市 »

2005.03.11

ジンギスカン

 で、展示を観た後は麻生俊平さん、富永浩史さんと一緒にジンギスカンを食べてきました。
 いえね、『VS』で主人公が北海道出身という設定なのに、作者の麻生さんがジンギスカンを食べた事がないというので、以前から機会を作って道民のソウルフードを味わってもらおうと考えていたもので。
 とは言っても、私も青森出身でジンギスカンに近しい文化圏とはいえ、専門家ではないのですけどね。
(『VS』で次郎くんがジンギスカンを食べるシーンが出てきたら、今日の経験が活きたとお考えくださいw)

 で、あらかじめタレに漬けこんであるのと、焼いた後でタレを付ける両方の羊肉を味わいながら、現在構想中の拙作についていろいろと助言をいただきました。キャリアだけはそこそこあっても、まだまだ未熟な身としてはいちいち耳に痛いもっともな指摘ばかりで大変勉強になりました。
 私の方も今日の経験を活かさなければ。いや、作中でジンギスカン食う場面出すって意味じゃなくて。

|

« オマツリ男爵と秘密の島 | トップページ | おたく:人格=空間=都市 »

コメント

北海道にずっと住んでる私にはモノゴコロついたときから身近にあるものだったんで、特別な食べ物という感覚はなかったけど、後でほとんどこっちでしか食されてないと知って驚いたものでしたが・・。
いちばん驚いたのは、内地の人はこれを「臭い」と感じること。こちらでは誰も臭いとは言いませんし。
あの「美味しんぼ」でさえ、ジンギスカンを結局は「臭い」と結論づけ、その風味を認めようとしませんでしたから(笑)。
最近、東京でもジンギスカンがブームになってるのは嬉しいですね。関西人にとっての納豆と同じく、単なる食わず嫌いだったんでしょうか。

投稿: ヒパイスト | 2005.03.12 05:08 午前

 別口の、北海道出身の友人からは「北海道ではジンギスカンは家庭料理なので外では食べない」とか「いわゆるジンギスカン鍋は使わずにただの鉄板で焼く」とか、いろいろ軽いカルチャーショックを感じる話を聞かせてもらいました。

投稿: 葛西伸哉 | 2005.03.13 02:05 午前

いや、外食はしますよ。だって、ちゃんとジンギスカン専門店が昔からあるわけですし(有名な松尾ジンギスカンの創業者、つい先日、鬼籍に入られましたが・・)。
ただ、実際ふつうの家庭ではまず店にはいかないというのも事実。家庭の人気メニューのひとつでもありますね。そーいえば、私の子供の頃は専用の鍋でやってましたけど、後に鉄板が主流になりましたっけ・・・。
現在、独り暮らしの私は、もっぱらフライパンでやったりしてますね。
「外」・・というと、アウトドア時の料理の定番でもありますね。バーベキューなんてまずしない・・。
小学校の遠足で川原でジンギスカンなんて、定番中の定番でした(今はどうか知らないけど)。高校のときもやったし、前の職場の同僚どうしで海に行ったときも砂浜に専用鍋とコンロ持ち込んでやってました。

投稿: ヒパイスト | 2005.03.14 12:36 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/3263808

この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカン:

« オマツリ男爵と秘密の島 | トップページ | おたく:人格=空間=都市 »