« 悪魔の発明 | トップページ | 打ちあわせ »

2005.01.12

カンフー・ハッスル

 もう一本はコレ。正直、ちょっと期待はずれだったですかね。『少林サッカー』はインパクトの強いビジュアルだけじゃなく、ストーリーにも一本芯が通ってたのですけど、こちらは主人公不在で物語が断片的すぎます。
 次から次へとすごいカンフーの使い手(しかも、全員ビジュアル的には冴えないおっさんおばさん)が現われては戦うという『オールカンフー総進撃』なのですけど、監督が真面目にカンフーやカンフー映画を愛しているせいか、でてくるのが全部真っ当なストロングスタイルなのですよ。言ってみればゴジラやジラースやアーストロン、ゴメスという正統派直立恐竜型怪獣だけが戦ってる印象。もっとヘドラやカマキラスみたいなタイプの違うカンフー獣がいた方がメリハリついたでしょうに。空飛ぶ十字剣とか、謎の殺人ギロチンとか。
 それに「変なサッカー」「変な料理」というのはそれだけでインパクトがありますけど、変なカンフーで絵面をエスカレートさせても所詮カンフー映画の枠を出られないですしね。

|

« 悪魔の発明 | トップページ | 打ちあわせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/2560126

この記事へのトラックバック一覧です: カンフー・ハッスル:

« 悪魔の発明 | トップページ | 打ちあわせ »