« ツカエナイト | トップページ | カンフー・ハッスル »

2005.01.12

悪魔の発明

 9日の観劇に続き、新年一発目の映画ハシゴとして、友人と一緒に渋谷へ。ちょっと風邪気味だし、金曜には講義が控えてるし、年内に片付けるつもりだった原稿もまだ上がってないで、本当はこんな事をしてる場合ではないのですけど……。
 まずはカレル・ゼマンの『悪魔の発明』。ジュール・ベルヌ原作、58年製作の古典的名作。テンポだとかはさすがに古いのですが、切り紙やエッチングの質感と実写の俳優を合成した独特の画面は現在の目で見ても魅力的です。技術の発達で「何でもリアルにできる」事に溺れている一部の映画の作り手は、これを観て学ぶべき事は多いでしょう。

|

« ツカエナイト | トップページ | カンフー・ハッスル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69042/2560120

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の発明:

» ジュール・ヴェルヌ [良い子の歴史博物館]
一般にSF作家の始まりはフランスのジュール・ヴェルヌと英国のH・G・ウェルズだとされている。 このうちヴェルヌの作品は、私が小学生時代に夢中になって読んだもの... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 06:47 午後

» △▼△▼ジュール・ベルヌといえば−海底二万里or八十日間世界一... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.是非 読んで! ジュール・ベルヌといえば、「海底二万里」ですか、「八十日間世界一周」ですか? 多くの科学空想(夢のある冒険)小説を世に送った彼が、100年... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 10:07 午後

« ツカエナイト | トップページ | カンフー・ハッスル »